プロフィール

ググルおやじ

Author:ググルおやじ
本職  飲食店勤務
生まれ  東京
パソコン歴 4年
アフィリエイト歴 半年
その間の収入 9800円

ただ今、メルマガ発行中!

グーグルメニュー

ブログで稼ぐ!!

メルマガはこちらから

メルマガ登録・解除
グーグルを使い倒せ!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
独自配信をはじめました。 こちらは、ずばり!ネット「ビジネス」の王道で稼ぐノウハウとマインド。のサブタイトルがつきます。 まずは登録を!
■ メールマガジンの購読・解除

ご登録になりたいE-mailアドレスを入力し、ご希望の項目ボタンをお押し下さい。

月別アーカイブ

RSSフィード

「メルマガで稼ぐ!」はこちらから

「メルマガアフィリ」は今も、「稼げる」ツールです。でも基本を抑えないと・・・


メルマガの書き方から読者獲得まで

ネットで収入と自由な時間を手に入れる方法

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:グーグルトピック
17日に行われた、米WEB2.0EXPOでグーグルのCEOシュミット氏の発言が、いろいろ物議をかもしているようだ。

ソフトサービスで、文書作成や表計算ソフト(Google Docs & Spreadsheets)があったが、これに今度はプレゼンテーション用資料を作成でき、ウェブ上で共有出来るサービスを提供するようだ。

また、最近ネット広告の大手ダブルクリック社を買収したことについては、「彼らの広告サポートツールや出稿サポートツールをグーグルの技術と組み合わせれば、エンドユーザーにより良い商品をオファーできると考えた。ユーザーは自分の趣向にあった広告にアクセスできてハッピーだし、広告主はターゲットカスタマーに広告を配信して効率を上げることができる。メディア企業は国際的にリーチできるようになる」
と語っています。

グーグルの次の狙いは「モバイル」と「ローカル」だそうです。
モバイルにおいては、高速無線(2Gや3G)でのネットワークパワーが
マーケットを作るだろうし、ローカルにおいては、まだまだマーケットがあると思っているようだ。

まだまだ進化し、肥大化する「グーグル」・・
マイクロソフトとの水面下の争いも、続くようだ・・
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:グーグルトピック
 ちょっと勇気を出して、海外通販に挑戦してみました。
 もしかして、やられちゃうかな?とも思いましたが、いい意味での期 待の裏切られ方で、無事商品届きました。
 今回の商品はこちらです。

 商品の入手方法はメルマガでご案内しています。
 ご登録の上、参考にして是非トライしてみてください。
 全部、英語ですがグーグルには、頼もしい翻訳機能がありますから
 心配いりません!
DATE: CATEGORY:グーグルトピック
こんにちわ!ググルおやじです。

先日、ウィンドウズOSのニューバージョン「ヴィスタ」が発売になりましたね。当初はそれなりの販売があったようですが、その後は、失速気味で、マイクロソフトの思惑も当てがはずれたようで・・・・


「VISTA」には、標準搭載されてますが、I.E7は、もうダウンロードしました?かなり、バージョンアップされて、見た目?のレイアウトもスッキリして、機能もレベルアップしてます。


1つの画面にタブをつけることにより、複数のウェブが表示されます。
また、セキュリティも強化され、はやりのフィッシンサイトからもガードしてくれますし、印刷機能なんか
も、ページに合わせて調節できます。




「VISTA」だと、もっとそれを感じるのでしょうけど、XPでも、十分かな?という気がします。主観になりますが、新しいソフトや機能が沢山あっても、使う側にとっては、さほど問題ではない場合も多いはず・・これからの、ユーザーは、いかに自分好みに、より使い易くカスタマイズされていくのでは、ないでしょうか?


どんなに時代が進みパソコンが進化しても、あくまで使うのは、「人間」であって、決してコンピューターではない!ということは、絶対失ってはいけませんね。でも、この先「I.T」の世界は、どこまで進むのでしょうか?ちょっと空恐ろしい気もしますが・・・


なかなか参考になる、無料レポートを発見しました。
アナタは知らない!? グーグル徹底活用術!」
こちらから、ご請求ください。

copyright © グーグルを使い倒して359000円?得する! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。